まめバスの継続的な運行のため1往復多くご利用を

ページ番号 1007597 更新日  平成28年3月11日


 野田市コミュニティバス(まめバス)は、野田市と関宿町との合併を機に、関宿地域から市役所等の公共施設へのアクセス性を高めるとともに、両市町の公共交通不便地域の改善を図り、新市の一体性の醸成と均衡ある発展に資することを目的として運行しています。
 継続的な運行をするため運行経費の上限を設定し、野田市コミュニティバス検討専門委員に検討をいただきながら、平成26年及び平成29年の消費税率の引上げにも対応した運行計画の見直しを行いました。
 しかしながら、安全対策やバス運転士の不足への対応等のため、人件費が運行計画の見直し時の想定をはるかに超えて上昇しているほか、利用者数が減少(4月から1月末までで昨年度と比較して1,743人減少)しています。このまま利用者数が増えなければ、ルートの廃止や運行時間の短縮などの大幅な運行計画の見直しが必要となってしまいます。
 現在の野田市の世帯数は約6万5千世帯です。全世帯でこれまでよりも1往復多く利用していただければ、単純計算で1,300万円の運賃収入増となり、この窮地を脱することができます。
 市民の足となっているまめバスが、今後も継続的に運行できるよう、これまで以上のご利用をお願いします。

 まめバスのルート図・時刻表は、市ホームページに掲載しているほか、市役所や支所、出張所で配布しています。さらに、企画調整課及び茨急バス野田営業所で、電話でのお問い合わせにも対応しています。

このページに関するお問い合わせ


企画財政部 企画調整課
電話:04-7123-1065


[0] 野田市トップページ [1] 戻る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.