風しん抗体検査・予防接種費用一部助成を実施します

ページ番号 1017864 更新日  平成31年4月1日


風しん抗体検査・予防接種費用一部助成のお知らせ

市では、妊婦さんを風しんの感染から守り、生まれてくるお子様の先天性風しん症候群を予防するため、風しんの抗体検査費用の一部を助成します。また、風しん抗体検査の結果、抗体価(免疫)が不十分な方で、ワクチンを接種した場合は、接種費用の一部助成をします。医療機関に費用を支払った後、保健センターまたは関宿保健センターへ申請をしてください。(郵送も可能です)

風しん予防接種の必要性

風しんは数年ごとに流行を繰り返しています。妊娠初期の女性が風しんに感染すると、風しんウイルスが胎児に感染して、先天性風しん症候群(難聴、先天性心疾患、白内障及び網膜症等)という障がいが起こる危険性があります。

予防法として、予防接種が有効ですが、妊娠中は予防接種を受けることができません。妊娠を予定または希望する女性は妊娠前に予防接種を受け、免疫を獲得しておくことが重要です。また、妊婦への感染を減らすためには、周囲にいるパートナーや家族、職場の同僚なども風しんにかからないよう、注意が必要です。

風しんの免疫獲得状況は、風しんの流行や定期接種が行われていたか等、年代により異なります。母子健康手帳で予防接種歴を確認し、必要な場合は抗体検査や予防接種を受けることをご検討ください。

風しんの抗体検査の助成について

助成対象者

野田市に住民登録がある方のうち、過去に風しんにかかったことがなく、野田市の風しん予防接種費用助成を受けたことがない29歳以上(平成2年4月1日以前生まれ)で、次に該当する方

  1. 妊娠している女性の同一世帯員
  2. 妊娠を希望または予定している女性とその同一世帯員

注:ただし、次の方は対象となりません

助成額

検査費用のうち3,000円を助成

注:検査費用は、検査時全額医療機関にお支払いただくことになります。申請後、助成金額を口座に振り込みます。

注:費用の助成は1回です。

注:検査費用が助成金額未満の場合は、検査費用分を助成します。

注:生活保護受給世帯等は、全額を助成します。(事前申請が必要です。)

助成対象期間

平成31年4月1日から平成32年3月31日の期間に風しん抗体検査を受検したものに限ります

予防接種の助成について

助成対象者

野田市に住民登録がある方のうち、過去に野田市の風しん予防接種

費用助成を受けたことがなく、29歳以上(平成2年4月1日以前生まれ)で、次の1または2に該当し、風しん抗体価(平成26年4月1日以降の実施分)が低下している証明がある方

  1. 妊娠している女性の同一世帯員
  2. 妊娠を希望または予定している女性とその同一世帯員

注:抗体価低下の基準値

上記以外の方法で検査を受けた方は、HI法で8倍以下同等の換算値

注:ただし、次の方は対象となりません

助成額

接種費用のうち以下の金額を助成

風しんワクチン(単抗原)4,000円

麻しん風しん混合ワクチン(MR)6,000円

注:接種費用は、接種時全額医療機関にお支払いただくことになります。申請後、助成金額を口座に振り込みます。

注:費用の助成は1回です。

注:接種費用が助成金額未満の場合は、接種費用分を助成します。

注:生活保護受給世帯等は、全額を助成します。(事前申請が必要です。)

助成対象期間

平成31年4月1日から平成32年3月31日の期間に風しんワクチン(単抗原)または麻しん風しん混合ワクチン(MR)を接種したものに限ります

申請受付期間

窓口

平成31年4月1日(月曜日)から平成32年3月31日(火曜日)まで

郵送

平成31年4月1日(月曜日)から平成32年3月31日(火曜日)(当日消印有効)

申請時に必要な持ち物

申請受付

窓口

平日8時30分から17時15分まで

郵送

〒278-0003 野田市鶴奉7-4
保健センター 母子保健係

注意事項


このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートフォン版ホームページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ


保健福祉部 保健センター
電話:04-7125-1188


[0] 野田市トップページ [1] 戻る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.