訪問型一時保育事業

ページ番号 1000379 更新日  平成27年9月28日


家庭で児童の保育をしている保護者又はその家族が、病気や冠婚葬祭などで一時的に家庭での保育ができなくなる場合があります。このような場合に利用できるのが一時保育事業です。
野田市では、このような一時的な保育需要に対応するため、保育士等を利用者宅に派遣して保育を行う訪問型一時保育事業を実施しています。

対象家庭

原則として、野田市の住民であって、生後57日目から10歳到達後の3月31日(小学4年生)までの間にある健康な児童で、保護者等がけがや病気、出産、看護・介護、冠婚葬祭等の事由により一時的に保育が必要となった家庭(現に保育所に児童を預けている家庭を除く)。

保育場所

原則として、利用者の居宅。

利用日及び利用時間

利用料

児童が1人の場合の費用負担額

児童が2人目以降の加算額

注1:生活保護世帯、前年度市町村民税非課税世帯は無料です。
注2:休日は、土曜日、日曜日、祝日とします。
注3:時間外の利用は、8時から18時以外の時間帯に利用する場合です。
注4:利用時間に1時間未満の端数がある場合は、1時間の利用とみなします。

申請手続き

利用希望日の3日前(土曜日・日曜日・祝日を除く)までに、直接、市役所児童家庭課窓口へ申し込んでいただきます。

このページに関するお問い合わせ


児童家庭部 児童家庭課
電話:04-7123-1093


[0] 野田市トップページ [1] 戻る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.