医療費の助成制度

ページ番号 1000355 更新日  平成27年2月12日


母子等医療費助成金

妊産婦の妊娠に係る疾患(医師が認定したものに限る。出産を起因とするもので出産後2か月以内の疾患を含む。)に対する医療費の一部を助成します。申請期限は医療費を支払った日の翌日から起算して1年以内です。

対象者

野田市に居住し、住民基本台帳等に登録されている妊産婦。ただし、生活保護世帯に属さない者。また、医療費が発生した当時に野田市に住民票があった者に限ります。

助成内容

社会保険各法に基づく医療に要する費用のうち、受診者の自己負担に相当する額。
ただし、付加給付その他の給付がある場合には、当該給付を控除した額とし、入院時の食事療養費については、標準負担額とします。 保険診療分が対象です。
院外処方箋による薬は対象外です。

助成を受けるためには

申請が必要です。
医療費が高額になった場合、まず各自の保険組合に高額療養費の申請をし、保険給付決定通知書が来てから保健センターに申請してください。保険組合の中には、自分で申請しなければならないところもありますので、会社や保険組合にお問い合わせください。領収書は、当申請でも使いますので原本は保管しておいてください。
確定申告については、この後でお願いします。

申請は下記のページをご覧ください。

 

申請先
保健センター、関宿保健センター

支払いは申請月の末で閉めて翌月末支払い予定です。

 

お問い合わせ

保健センター    電話:04-7125-1188
関宿保健センター 電話:04-7198-5011

このページに関するお問い合わせ


保健福祉部 保健センター
電話:04-7125-1188


[0] 野田市トップページ [1] 戻る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.