児童手当

ページ番号 1000364 更新日  平成30年6月1日


現況届は6月中に提出を

 児童手当は、0歳から中学校修了前(15歳になった後の、最初の3月31日まで)の児童を養育している方に支給している手当です。

 児童手当を受給するためには、毎年6月に、対象児童の養育状況などを記入した現況届の提出が必要です。

 対象世帯には、平成30年5月30日に現況届の用紙を発送しましたので、必要事項を記入の上、必要書類を添えて平成30年6月29日(金曜日)までに直接市役所児童家庭課か関宿支所、各出張所に提出(月曜日から金曜日の8時30分から17時15分まで。祝日を除く。)するか、同封の返信用封筒で郵送してください。また、今年度よりマイナポータルのサイトから電子申請も可能になりましたのでご利用ください。

注:提出がない場合は、受給資格があっても手当を受けることはできません。また、養育する児童と別居している場合などは、別途提出が必要な書類がありますので、お問い合わせください。

支給対象となる児童

0歳から中学校修了前まで(15歳になった後の最初の3月31日まで)

児童手当の支給月額

支給月

毎年6月、10月、2月にそれぞれの前月分までが支給されます。

認定請求の手続き

出生や転入等により新たに児童手当の受給資格が生じた場合は、「認定請求書」の提出が必要です。なお、公務員の方は勤務先へ申請してください。
手当は申請した日の属する月の翌月から支給します。月末の出生、転入の場合は、出生、転入日の翌日から15日以内に手続きを行えば、出生、転入の翌月分から支給となります。

手続場所

野田市役所児童家庭課、関宿支所、南・北・中央の各出張所

申請手続きに必要なもの

手当をはじめて申請する方

申請者に応じて添付が必要な書類

請求者が厚生年金等の被用者年金(国民年金以外の年金)に加入している場合

  1. 健康保険被保険者証 
  2. 船員保険被保険者証 
  3. 私立学校教職員共済加入者証
  4. 全国土木建築国民健康保険組合員証
  5. 日本郵政共済組合員証
  6. 文部科学省共済組合員証(大学支部等に限る)

その他必要に応じた書類(単身赴任等により養育する児童と別居している場合など)

注:マイナンバーの本格運用に伴い、児童手当では1月1日(1月から4月の申請は前年)に野田市に住所を有しない申請者が提出する必要のあった課税証明書が省略できるようになりました。

このページに関するお問い合わせ


児童家庭部 児童家庭課
電話:04-7123-1093


[0] 野田市トップページ [1] 戻る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.