ひとり親家庭等及びDV被害女性民間賃貸住宅入居時家賃等助成事業

ページ番号 1000374 更新日  平成27年4月12日


緊急に居住の場を確保する必要があるひとり親家庭等及び配偶者からの暴力による被害女性で、民間賃貸住宅へ入居しようとする低額所得者に対し、賃貸借契約時に要する家賃等の費用の一部を助成することにより、入居時における経済的負担の軽減を図ることで入居の円滑化を支援します。

対象者

ひとり親家庭等で次の全ての条件を満たす方

DV被害女性

助成の額

申請方法

民間賃貸住宅へ入居する前に申請が必要です。事前にご相談ください。

必要書類

注:賃貸借契約前で各書類の添付ができないときは、家賃及び仲介手数料の見積書を添えて申請することができます。詳しくはお問い合わせください。
注:ひとり親家庭等の方は戸籍謄本または「野田市ひとり親家庭等医療費助成金受給資格者証」が必要になります。
注:申請は、営繕課、児童家庭課、人権・男女共同参画推進課の各窓口で受け付けます。

お問い合わせ

ひとり親家庭等の方:児童家庭課 (内線:2135)
DV被害女性世帯の方:人権・男女共同参画推進課 (内線:2577)
 

このページに関するお問い合わせ


総務部 営繕課
電話:04-7123-1194


[0] 野田市トップページ [1] 戻る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.