固定資産税等の課税誤りについてのお詫び

ページ番号 1024717 更新日  令和1年12月20日


固定資産税等の課税誤りについてお詫びします

平成30年度及び令和元年度の固定資産税・都市計画税の課税で28件の課税誤りがありました。

誤りは、担当職員が電算システムでの処理を正しく行わなかった上に、その後のチェックを怠っていたことによるものです。

新築家屋に係る課税誤りが23件、家屋滅失処理漏れによる課税誤りが5件、合計28件で課税誤りの総額は2,610,700円(うち増額が21件で、1,918,100円、減額が7件で692,600円)です。

市では、12月20日以降、課税課職員が対象者宅を訪問するなどにより謝罪と説明を行い、税額決定(変更)等通知書及び納税通知書を交付します。

多くの皆様にご迷惑をお掛けしたことを、深くお詫び申し上げます。今後は、このようなことが二度と起こらないよう、管理職を含めた複数職員によるチェックを行い、再発防止に努めて参ります。

野田市長

このページに関するお問い合わせ


企画財政部 課税課
電話:04-7123-1718


[0] 野田市トップページ [1] 戻る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.