犬のフンは必ず持ち帰りましょう

ページ番号 1011002 更新日  平成29年7月19日


フン・尿の後始末は飼い主の責任です!

飼い犬のフンを放置したまま持ち帰らないとの苦情が多く寄せられています。
飼い犬のフンや尿で迷惑している人は少なくありません。
他人に迷惑をかけないということは、犬を飼ううえでの大切なモラルです。

市民の方から切実な御意見が寄せられています。

一部の無責任な飼い主のために、周囲の人を不愉快な気持ちにさせています。

道路や公園などは、犬のトイレではありません!散歩=トイレではありません!

犬のフンの放置は条例違反です!

野田市ポイ捨て等禁止及び環境美化を推進する条例に規定する禁止行為

野田市内の公共の場で、飼い犬等の排泄物等の放置は禁止行為です。
飼い犬等の排泄物等とは、犬や猫などの家庭で飼育されている動物のふんや尿、ブラッシングした毛をいいます。

[画像]リーフレット表(291.9KB) [画像]リーフレット裏面(225.4KB)

啓発看板を無償配布

犬のフンでお困りの方に、啓発看板を無償で差し上げております。

看板は、ご自宅の塀など、ご自身が管理している敷地内に設置してください。
看板のサイズは、縦20cm×横30cmです。
原則、1名につき2枚まで配布いたします。

看板の配布窓口

野田市役所5階環境保全課窓口及び関宿支所(いちいのホール1階)で配布しております。

[画像]啓発看板(28.1KB)

関連情報


このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートフォン版ホームページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ


環境部 環境保全課
電話:04-7123-1753


[0] 野田市トップページ [1] 戻る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.