市民活動団体向け助成金情報

ページ番号 1017398 更新日  平成31年2月28日


現在募集中の市民活動団体向け助成金情報です。
応募を希望する団体は、市民活動支援センターまでお問い合わせください。

(1)「第31回 わかば基金<支援金部門>」(NHK厚生文化事業団)

対象となる団体

 国内のある一定の地域に福祉活動の拠点を設け、この支援金でより活動を広げたいという団体

助成金額

 1団体あたり上限100万円(10団体ほどを予定)

対象となる活動例

 注:パソコンを希望するグループはパソコン部門に申請すること。支援金でのパソコン購入はできません。

対象外

応募締切

平成31年3月29日(金曜日) 必着、郵送のみ

その他詳細

 社会福祉法人 NHK厚生文化事業団「わかば基金」係
 電話 03-3476-5955/メール info2@npwo.or.jp

(2)「第31回 わかば基金<リサイクルパソコン部門>」(NHK厚生文化事業団)

対象となる団体

 パソコンを利用して地域で活発な福祉活動に取り組んでおり、
 台数を増やすことで、より高齢者や障がい者に役立ち、活動の充実を図れるグループ

助成内容

 ノートパソコン 総数50台程度(1団体につき3台まで)

対象となる活動例

対象外

応募締切

平成31年3月29日(金曜日) 必着、郵送のみ

その他詳細

 社会福祉法人 NHK厚生文化事業団「わかば基金」係
 電話 03-3476-5955/メール info2@npwo.or.jp

(3)「第14回 夢まる福祉支援事業」(夢まるふぁんど委員会)

対象となる団体

助成金額

 総額500万円(1団体 上限50万円)

応募締切

 平成31年3月31日(日曜日) 当日消印有効

その他詳細

 千葉日報社 クロスメディア局内「夢まるふぁんど委員会」事務局
 電話 043-227-0055/ファクス 043-222-6540
 http://www.yumemaru-f.org/

(4)「2019年度 ドコモ市民活動団体助成事業」(NPO法人 MCF事務局)

対象となる活動

子どもの健全な育成を支援する次のような活動

  1. 不登校・ひきこもりの子どもや保護者に対する精神的・物理的な支援、復学・社会的自立を支援する活動(フリースクール、カウンセリングなど)
  2. 児童虐待やDV、性暴力などの被害児童、生徒や社会的養護を必要とする子どもの支援及び虐待防止啓発活動
  3. 非行や犯罪から子どもを守り、立ち直りを支援する活動
  4. 子どもの居場所づくり
  5. 障がいのある子どもや難病の子どもを支援する活動(療育活動、保護者のピアサポート活動など)
  6. マイノリティ(外国にルーツを持つ、LGBTなど)の子どもを支援する活動
  7. 地震、台風などの自然災害で被災した子どもを支援する活動
  8. 上記1から7以外で「子どもの健全な育成」を目的とした活動

経済的困難を抱える子どもを支援する次のような活動

  1. 学習支援活動(放課後学習サポート、訪問学習支援、個別ケアなど)
  2. 生活支援活動(子育てサロン、子ども食堂、シングルマザーへの支援、フードバンク、居場所の提供など)
  3. 就労支援活動(職業体験、社会的養護退所者の就労支援など)
  4. 上記1から3以外で「経済的困難を抱える子どもの支援」を目的とした活動

対象となる団体

助成金額

 総額3,500万円(1団体 上限70万、または100万円)

応募締切

 平成31年3月31日(日曜日) 必着

その他詳細

 NPO法人モバイル・コミュニケーション・ファンド(MCF)事務局
 http://mcfund.or.jp/

(5)「子どもゆめ基金」(独立行政法人 国立青少年教育振興機構)

対象となる事業

1:子どもの体験活動 2:子どもの読書活動

助成金額

 1団体あたり上限50万円から300万円

対象となる団体

応募締切

二次募集
郵送:平成31年6月4日(火曜日) 当日消印有効
電子申請:平成31年6月18日(火曜日) 17時

注:一次募集の受付は終了しています。

その他詳細

 子どもゆめ基金
 http://yumekikin.niye.go.jp/

このページに関するお問い合わせ


市民生活部 市民生活課
電話:04-7123-1083


[0] 野田市トップページ [1] 戻る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.