軽自動車税(種別割)の申告における新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた対応について

ページ番号 1025622 更新日  令和2年3月25日


令和2年4月以降になされた3輪以上の軽自動車の一定の申告に係る課税上の取扱いについて

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、軽自動車検査協会で行う「軽自動車の解体を伴う自動車検査証返納届出」、「所有者名義変更を伴う自動車検査証返納届出(輸出関係手続も同様)」の手続きに伴う軽自動車税(種別割)の申告が4月以降に行われても、3月中にそれらの申告の根拠となる事由が発生したことの確認ができ、その事由の発生から15日以内に手続きをした場合、3月中にそれらの申告の根拠となる事由が発生したことを前提に課税処理されます。

上記の手続きをした3輪以上の軽自動車について、軽自動車検査協会から野田市への情報提供の時期によっては、旧所有者様へ軽自動車税(種別割)の納税通知書が届く場合がございます。このことについて、新所有者様は旧所有者様へ連絡をお願いします。野田市では情報が確認でき次第、提供された情報に基づき課税を取消し、その旨の通知を旧所有者様へ発送するとともに、改めて新所有者様へ納税通知書を発送いたします。

お問い合わせ

関連情報

このページに関するお問い合わせ


企画財政部 課税課
電話:04-7123-1718


[0] 野田市トップページ [1] 戻る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.