予防接種(乳児から20歳未満)

ページ番号 1000342 更新日  令和4年5月11日


予防接種について

お子さんが健やかに成長していくために、感染症から身を守る予防接種を受けることはとても大切です。
予防接種を受けずに感染症にかかると、重い後遺症が残ったり、時には命にかかわることもあります。また、周囲に感染を広げることにもなります。そうならないために、積極的に予防接種を受けましょう。

定期予防接種

定期接種は、予防接種法に基づいて、市町村の責任で行われるもので、対象の方は、予防接種を受けるように努めなければならないとされています。
予防接種の種類ごとに接種年齢が決まっていて、対象年齢であれば原則無料で接種できます。
それぞれの予防接種について詳しくは、下記の「定期予防接種のお知らせ」をご覧ください。
注:長期にわたる療養を必要とする疾患(悪性新生物、血液・免疫疾患など)にかかったために定期予防接種を受けられなかった一部の方の接種期間が延長されることになりました。また、保護者の里帰りや長期の入院などの理由で、市が委託する医療機関以外の県外医療機関で定期予防接種を受けた方に費用の償還払いを行います。

個別予防接種(会場:個別予防接種実施医療機関)

ロタウイルス感染症

対象者

令和2年8月1日以降に生まれた方

接種対象者以外(令和2年7月31日以前生まれ)の方や、定期接種になる前(令和2年9月30日まで)に接種した場合は、任意接種(自己負担)となります。

接種時期

生後6週0日(標準的には生後2か月)以降から接種。初回接種は、14週6日までに完了することが望ましい。

ワクチンごとの接種時期と回数

種類

1価ワクチン(ロタリックス) 5価ワクチン(ロタテック) 
接種時期 出生6週0日後から24週0日後

出生6週0日後から32週0日後

接種回数 2回接種(27日以上の間隔をあける) 3回接種(27日以上の間隔をあける)

注:ワクチンは2種類あります。
注:必ず同じワクチンを使用して、必要回数接種してください。

通知方法

新生児訪問時に配布

ヒブ感染症 

対象者

生後2か月から5歳未満
注:標準的な接種開始年齢は生後2か月から7か月未満です

接種回数

接種間隔

注:接種開始月齢によって接種回数が異なります。

初回は27日(医師が認める場合は20日)以上、標準的には56日までの間隔を空ける。追加は初回接種終了後7か月以上、標準的には13か月までの間隔を空ける

通知方法

新生児訪問時に配布

小児の肺炎球菌感染症

対象者

生後2か月から5歳未満
注:標準的な接種開始年齢は生後2か月から7か月未満です

接種回数

接種間隔

注:接種開始月齢によって接種回数が異なります。

初回は標準的には1歳まで(7か月から1歳未満開始の場合1歳1か月までに)に27日以上の間隔を空ける。追加は1歳から1歳3か月を標準的な接種期間とし、1歳以降に初回接種終了後60日以上の間隔を空けて接種

通知方法

新生児訪問時に配布

B型肝炎予防接種

対象者

1歳未満
標準的な接種期間は生後2か月から9か月未満

注:母子感染(垂直感染)予防として、出生後から健康保険によるB型肝炎ワクチンの接種を受けたことのある方は、定期予防接種の対象になりません。

接種回数

合計3回接種

通知方法

新生児訪問時に配布

ジフテリア・百日咳・破傷風・不活化ポリオ(4種混合) 

対象者

生後3か月から7歳6か月未満
注:標準的な接種開始年齢は生後3か月から1歳未満です

接種回数

接種間隔

通知方法

新生児訪問時に配布

注意

4種混合は平成24年11月より開始となりました。すでにDPTワクチンや不活化ポリオワクチンを1回以上接種したことがある場合はお問い合わせください。

不活化ポリオ(IPV)

対象者

生後3か月から7歳6か月未満
注:標準的な接種開始年齢は生後3か月から1歳未満です

接種回数

接種間隔

通知方法

保健センターや医療機関で配布

注意

平成24年9月1日より前に経口生ポリオワクチンや国内未承認の不活化ポリオワクチンを接種した方は、接種回数分ポリオを受けたとみなします。合計4回の接種になるように残りの回数をお受けください。経口生ポリオワクチンを2回接種されている方は接種する必要はありません。

ジフテリア・百日咳・破傷風(3種混合)

対象者

生後3か月から7歳6か月未満
注:標準的な接種開始年齢は生後3か月から1歳未満です

接種回数

接種間隔

通知方法

保健センターや医療機関で配布

注意

生ポリオワクチン及び不活化ポリオワクチン、3種混合ワクチンを接種した方は接種可能です。

結核(BCG)

対象者

1歳未満

注:標準的な接種年齢は生後5か月から8か月未満です

接種回数

1回

接種間隔

接種間隔

接種期限:1歳の誕生日前日まで

通知方法

新生児訪問時に配布

麻しん風しん混合(MR) 

麻しん風しんの予防接種を受けましょう

麻しん風しんにかかった方の約8割は、予防接種歴がない、または接種歴が不明な方です。幅広い年齢層から感染の報告がありますが、特に1期の定期予防接種を開始する前の0歳児及び予防接種歴のない1歳児に多いとのことです。
定期予防接種の対象で、1期の方は1歳のお誕生日を迎えたらすぐに、2期の方は小学校就学前の年の4月から6月に受けるのがおすすめです。まだ接種が済んでいない方は早めに接種しましょう。対象者は下表のとおりです。対象者の方には既に個人通知していますが、紛失や転入などの場合はご連絡ください。
定期予防接種対象外の方についても、希望があれば医療機関で接種することができます(有料)。

注:麻しんは、非常に感染力が強く、予防接種を受けないと多くの人がかかる病気で、39度から40度の高熱や発疹等の症状がでます。重症化すると肺炎や脳炎を合併し、死亡例も発生する病気です。

注:風しんは、「三日はしか」とも呼ばれ、発熱、発疹、リンパ節腫脹を特徴とします。近年、20歳から40歳代の男性に風しん患者が増加しています。予後は良好であり、自然治癒しますが、妊婦が妊娠初期から中期に風しんにかかると、死産・流産の原因になる他、生まれてくる児が難聴・白内障・先天性心疾患を三大症状とする「先天性風疹症候群」を発症する場合があります。

対象者

1期:1歳から2歳未満
2期:5歳から7歳未満で小学校就学前の1年間 (平成28年4月2日から平成29年4月1日生まれ)

接種回数

接種間隔

通知方法

1期は新生児訪問時に配布
2期は令和4年4月に個人通知

注意

麻しんや風しんにかかったことがある方で、かかっていないどちらか一方の予防接種を希望される場合はお問い合わせください。

水痘(すいとう)

対象者

1歳から3歳未満

注:標準的な接種開始年齢は1回目は1歳から1歳3か月未満

接種回数

2回

接種間隔

2回目の接種は1回目の接種から3か月以上、標準的には6か月から12か月までの間隔を空ける。
注:すでに水痘予防接種を1歳以降に2回接種している場合は対象外。ただし、1回目と2回目の間隔が3か月未満の場合は定期接種として2回目を受けることができます。1歳以降に1回接種している場合は残り1回接種可能です。

通知方法

新生児訪問時に配布

注意

すでに水痘にかかったことのある方は、対象外になります。

日本脳炎

対象者

1期:生後6か月から7歳6か月未満
注:標準的な接種開始年齢は3歳から4歳未満です

2期:9歳から13歳未満
注:標準的な接種開始年齢は9歳から10歳未満です

接種回数

接種間隔

通知方法

1期は新生児訪問時に配布
2期は9歳の誕生月の前月に個人通知
 

日本脳炎(特例対象者)

対象者
  1. 平成7年4月2日生まれから平成19年4月1日生まれであり、20歳未満の方
  2. 平成19年4月2日生まれから平成21年10月1日生まれであり、1期が終了していない方で、2期の年齢(9歳から13歳未満)で不足分の接種が可能
接種回数

合計4回になるように残りの回数を接種
注:4回接種済みの方は接種する必要はありません

接種間隔

上記、接種回数及び間隔を参考に、計4回を接種してください。4回接種済みの方は、接種する必要はありません。接種間隔等についてはお問い合わせください。

ジフテリア破傷風(DT)

対象者

2期:11歳から13歳未満
注:標準的な開始年齢は11歳から12歳未満です。

接種回数

1回

接種間隔

ジフテリア百日咳破傷風(3種混合)ジフテリア百日咳破傷風不活化ポリオ(4種混合)が完了していない方は有料で接種が必要な場合があります。お問い合わせください。

通知方法

11歳の誕生月の前月に個人通知

ヒトパピローマウイルス感染症ワクチン(子宮頸がん等予防ワクチン)

対象の方へ予診票等を発送する準備をしております。郵送の時期は8月ごろになる見通しですが、それまでに予防接種を希望される方は、母子手帳を持って保健センター4階または関宿保健センターにお越しいただければ予診票等一式をお渡しすることが可能です。希望の方は、お問い合わせください。

野田市医師会のホームページ

野田市医師会のホームページは下記をご覧ください

厚生労働省予防接種情報

厚生労働省・予防接種情報関する詳細な情報については下記をご覧ください

医薬品副作用被害救済制度について

平成25年3月31日までに、市町村の助成により、ヒトパピローマウイルスワクチン、ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチンのいずれかを接種した方のうち、接種後に何らかの症状が生じ、医療機関を受診した方は接種との関連性が認定されると、医療費・医療手当が支給される場合がありますので、お心当たりのある方は具体的な請求方法等について、独立行政法人医薬品医療機器総合機構の救済制度相談窓口にお問い合わせください。

電話(フリーダイヤル):0120-149-931
注:フリーダイヤルがご利用になれない場合は電話:03-3506-9411(有料)

受付時間 月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)9時から17時

千葉県予防接種センター事業について

千葉県予防接種センター(千葉県こども病院内)

心臓血管疾患、腎臓疾患、肝臓疾患、血液疾患及び発育障がい等の基礎疾患のある方や全身性発疹等アレルギーを疑う症状をもつなど予防接種要注意者のお子さんが、安心して定期予防接種が受けられるように次のことを実施しています。

関連情報


このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートフォン版ホームページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ


健康子ども部 保健センター
電話(母子保健係):04-7125-1188
電話(健康増進係):04-7125-1189


[0] 野田市トップページ [1] 戻る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.